資産運用 投資

資産運用はお早めに

投資は早めに始める!資産運用で豊かに暮らす方法

メニュー

投資初心者にはロボアドバイザーがおすすめ日経平均は弱い?株価がどんどん上がっていますよ?将来のことは分からないから投資はしたくない?投資を始める前に知っておきたいこと

投資初心者にはロボアドバイザーがおすすめ

まーこーなるよね?2018年末から2019年初めにかけてニューヨークダウ、日経平均株価が20%ほど下落し、2019年はかなり下がると多くの専門家が偉そうに話していましたが、どうですか?2019年に入ってアメリカの株式市場、ニューヨークダウ、ナスダックともに10%以上、上げてるし、弱い日経平均も5%以上、上がってます。

そういうことですよ?

さてもうこうなったら早めに資産運用を始めたもの勝ちみたいな世の中になってきていますが、投資初心者の方はどの証券会社で何を買えばいいのか?さえ分からない状況だと思うので、投資初心者の方にはロボアドバイザーTHEOをおすすめします。

ロボアドバイザーは楽ラップ、ウェルスナビなどもあり、プランによって運用成績が異なるけど、一番リスクが高いプランで始めればどこも運用成績に差がないので、だったら一番、手数料が安いTHEO(テオ)が断然、有利になります。

ロボアドバイザーはウェルスナビが資産残高で抜けてトップに立っていますが、手数料の事を考えたらTHEO(テオ)一択ですよ!

こういう情報もなかなか得られないんですよ、投資初心者の方は。

THEO(テオ)の口座開設をして、プランを決めて、入金するだけ。あとは勝手にTHEOが運用してくれるので、投資初心者の方でも簡単に始められます。

そもそも投資をするか?しないか?悩んでいること自体が機会損失なんですよ。

毎月、積立投資すればリスクなんてかなり下がるし、銀行で貯金してたって全く増えないのにどうして投資を始めないのか謎すぎます。

もちろんリスクはありますが、10年後、20年後のことを想像してみてください。

この日本がどうなってると思いますか?アメリカは?新興国は?それが答えです。

発展する可能性のある国に投資をする。単純明快です。

もう迷っている暇はありませんよ。このことに気付けただけでも良かったと思い、すぐに行動に移しましょう!

日経平均は弱い?

年末の大暴落から華麗に復活してきている株価。特にNYダウ、ナスダックのアメリカ株式市場は2019年に入って僅か2ヶ月半で15%ほど上げています。

一方、日経平均株価は10%も上がっていません。

やはりというか、日経平均が弱いことが浮き彫りになっている状態です。

これは2019年に限ったことではなく、ここ10年以上日経平均株価よりもNYダウ、ナスダックのほうがあきらかに上昇率が上です。

この流れは恐らく今後も続くと思うので、いまから日経225、TOPIXに連動する投資信託、インデックスファンドではなく、全米株式市場、S&P500などのインデックスファンドを買いなさいということです。

例えばこれから10年後、日経平均株価が2倍になったとしたら、NYダウ、ナスダックは3倍ほどになる可能性が高いということです。

それほど日本経済は弱く、投資家からしても魅力がない市場になってしまいました。

アメリカ株が下がればアメリカ株以上に下がるし、逆に反発も弱い。残念ながらこの事実を受け止めてこれからの資産運用をするしかありません。

この状況を理解している投資家はまだ少ないようで、SBI証券、楽天証券の人気ランキングにはいまだにニッセイ日経225インデックスファンドがランクインしてますからね。

この状況を理解するだけで、10年後、20年後の資産が2倍になるか?3倍以上になるか?違ってくるので、いま日経225インデックスファンドを保有している方は早目に決断しましょう。

株価がどんどん上がっていますよ?

ね?言ったでしょ?迷っているうちにどんどん日経平均株価、ニューヨークダウなどはどんどん価格が上がり、最高値(日経平均株価はバブル後の最高値)を更新しています。

次下がったら買おうと思っていた人も多いと思います。

例えば日経平均株価が2万円を切ったら買おうとか。まーそういう人って結局2万円を切っても買わないんですよ。まだ下がるかもしれないと思って。

「一生迷ってろ!そして失い続けるんだ貴重なチャンスをby利根川」。

そういうことです。家電製品と同じで、投資や資産運用なんて始めようと思った時が始め時、もう少し下がって買おうと思ったら新製品が出てきてどっちにしようか迷った挙句、また買わない。。じゃーいつ買うの?

もちろん僕はこんな時でもせっせと投資信託や株を買い増ししています。結局のところ株価なんて上がるか下がるか専門家でもわからないんだから、だったら自分が買いたいときに買うのが一番ですよ。

それで下がった所で、トータルでプラスになればいいわけだから、全く気になりません。

野球だって3割打てば強打者ですよ?投資だってそうですよ。すべての予想が当たるわけじゃないし、全て上手くいくことなんてないんだから、とにかくコツコツと積み重ねるしかないのに、理由を付けては一向に投資を始めない人って、恐らく一生お金に関しては成功しないタイプ確定ですね。

将来のことは分からないから投資はしたくない?

将来のことなんてどうなるか分からないから投資して損をするのが嫌だと思う人がいますが、ハァー?って感じですね。だって銀行に貯金しているだけで、インフレ、つまり物価が上がれば上がるほど実際のお金の価値は減っているわけで、インフレになれば株価が上がる可能性が高いので、株、投資信託に投資するほうが理にかなっているんですけどね。

もちろん将来のことなんてだれにも分からないので、株価が上がるかどうかなんて分かりませんが、過去のデータ的にも株価は上下を繰り返しながら上がっているので、個人的にはいま日経平均株価は2万円ちょっとですが、約10年後の2030年には4万円、20年後の2040年ごろには5万円を突破していると思います。

また日経平均株価以上に世界の株価は上昇すると考えているので、ニューヨークダウ平均、その他の新興国市場に投資したほうがパフォーマンスは上がるかもしれません。

何度も言いますが将来のことなんてわからないのであくまでも個人的な希望も入っていますが、こんな時代、株などに投資して少しくらい夢を見たい方は余剰資金があるなら何も考えずに投資信託などを買ったほうが良いと思いますよ。

投資を始める前に知っておきたいこと

最近は国を挙げて預貯金から投資へお金を流したいみたいで、実際に多くの方が投資を始めていると思います。

だって超超超低金利なので銀行に預けるのが本当にバカらしいですからね。仮に100万円銀行に預けていた場合、金利が0.01%の場合(実際はこんなにありませんが・・・)1年後の利息は僅か100円です(涙)。。1000万円でも1000円、1億円でも1万円です(汗)。。

もちろんお金を殖やすためにだけ銀行を使っているわけではありません。例えば公共料金や携帯電話の毎月の自動振替、どうしても必要な現金がある場合の引き出しなど、まだまだ銀行の存在価値はあります。

このような生活に必要なお金は銀行に預けておけばいいですが、余剰資金があるなら積極的に投資に回すべきです。

もしも年利3%(たいしてリスクを冒さなくても可能なレベル)で運用できたとすると、100万円が1年後には3万円、1千万円であれば30万円、1億円であれば300万円です(税金は考えないとして)。

どうです?これでもまだ余剰資金を銀行に預けたままにしておきますか?

もちろん自分のお金なので自由に使っていただければと思いますが、数年後、数十年後に豊かな暮らしをしているのはどちらかを考えれば、答えは出ていると思います。

そこでこのブログでは色々な投資や、具体的なオススメ投資先なども紹介していきますので、投資を始めたい方は参考にしてください!もちろん投資は完全に自己責任でお願いします!

メニュー

投資初心者にはロボアドバイザーがおすすめ日経平均は弱い?株価がどんどん上がっていますよ?将来のことは分からないから投資はしたくない?投資を始める前に知っておきたいこと


Copyright ©資産運用はお早めに All rights reserved.

ログイン